アイゼンの爪研ぎ   

2013年 11月 19日

冬山の装備が気になる季節になりました。
今日はサンデッキでアイゼンのツァッケ(爪)をチェックしました。
c0219866_18241292.jpg

ヒマラヤ専用のチタンアイゼンは氷河や雪にしか使わないので爪は尖っています。
c0219866_1825718.jpg

たまに使う程度のブラックダイヤモンドもまだ丸くなっていません。
c0219866_18253027.jpg

買って15年以上になり使用回数の多いカジタックスは爪が丸くなっていて、少々不安なのでヤスリで研ぎました。
c0219866_1828419.jpg
c0219866_18284962.jpg

時間のかかる手作業ですが、新品とまでゆかなくともツァッケは尖りました。
c0219866_18291465.jpg

穂高に通っていた若いころはアイゼンの爪研ぎをしながら本番を心待ちにしたものです。

トムは横で日向ぼっこしていました。
c0219866_18294051.jpg

by nakatuminesan | 2013-11-19 18:32 | 山のあれこれ | Comments(2)

Commented by ロッキー at 2013-11-19 20:22 x
トムくん久し振り。ゴリラ親父さんは、たくさんのアイゼンを持っているんだね。それぞれのアイゼンにはそれぞれの思い出があるようだね。チタンアイゼンは軽いと聞いてるけど、どのくらいの重さかトムくん知ってるかい?
Commented by nakatuminesan at 2013-11-20 07:58
やあロッキー久しぶりだね。
クロモリのカジタックスLXF12は1050グラム。
チタンアイゼン「チタネスク」は680グラムだとゴリラ親父が言っていたよ。
アイゼンのことは2010年1月23日にも書いているよ。

<< 2013.11.20 二ツ丸山... 11月の計画(5) >>